月の舟

東方の二人の神様~雷神・風神様をあれこれ想う~東方神起応援ちゅう

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来は誰にもわからない  (4)

  1. 2012/03/30(金) 01:50:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


チャンミンはユノの顔色が変わるのを見逃さなかった。

ヒョンの動揺が手をとるように伝わってくる。

またもどしたあとで本当に気分が悪かったのだが、

ユノの様子を見た途端、叫びたくなるくらい快感に

酔いしれる自分がいた。

『どう感じた?ヒョン僕にもこういう相手がいるって知って

ショックだったんでしょ』

でもユノがそれについて何も聞いてこないことはわかっていた。

『聞けないでしょ?恐くて聞けないんでしょ』

ユノの動揺がいまのチャンミンには心地いい。

(ユノヒョンも嫉妬すればいい―)

 

 

続く

続きを読む
スポンサーサイト

韓国のユノユノ PART2

  1. 2012/03/29(木) 07:45:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3


『STILL』 韓国でも発売されるそうですね64

いつか、韓国語にして

歌うのかな、それも聞いてみたいですね。

 

ところで、ビギ盤買われた方、あのバスエッセンスを

使われましたか54?どんな香りだったのか?

良かったら教えて下さいm(   )m

(一個しか持ってなくてとても使えな~い5O)

 

 

3月25日はSHINEEのカムバの応援にいってたそうなのですね5H

 

翌日は、お友達のキム・ウジュさんがプロデュースした

5tion というグループを応援しに行ってたそうです。

あまりに素敵可愛いなので、つれてきちゃいました84

(以下、5tionのメンバーがfbにupしたものをお借りしました)

 


ぶかぶかセーターよく似合ってます5H

う~ん 香港でのカリスマオーラのユノユノと

このユノユノのギャップ64

(またしても 例のごとくシャツが片側だけのぞいてます、

ユノユノらしい84

 

 

その前に応援に行ったSHINEEの小悪魔テミンちゃん

誘惑してます(笑)誰を???もちろん、ユノ兄さん54

(チャンミン、許して~7O)


(画像 お借りしています)

続きを読む

未来は誰にもわからない  (3)

  1. 2012/03/28(水) 16:32:00|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


チャンミンの激しい拒否に一瞬、ユノは

たじろいだ。

こっちを振り向きもせず、ベットに潜り込んでしまった。

「チャンミナ、寝る前に着替えないと

おまえ汗びっしょりだぞ」

「・・・あとで着替えます、出て行ってくれませんか?」

向こうを向いたままチャンミンが答える。

「何言ってる?いますぐ着替えろ、手伝ってやるから」

これで拒否されたらしばらく一人にしておこうと思ったが

返ってきた応えは意外なものだった。

「わかりました、お願いします」

「ああ、ちょっと待ってて。タオル持ってくるから」

チャンミンの気が変わらないうちにと急いで洗面所に

バスタオルを取りにいく。

かえってみると、チャンミンは起き上がり、ベットに腰かけていた。

「チャンミナ、脱いで、うしろ向いて」

そういうと素直にシャツをぬいで後ろを向く。

ほっとしてユノは汗でびっしょりぬれている背中を

拭きはじめた。

「じゃ、こっち向いて」

無言のままチャンミンが振り返り、ユノは首筋から

拭こうとして手を伸ばしたが、其処にあるものをみて

手が止まった。

キスマーク?

チャンミンの首筋に紅い痣。どう見ても虫刺されなんかじゃない。

激しく動揺している自分にユノは驚く

そうだ、彼女がいてもおかしくない、ギュラインと遊んでた

わけじゃなく、彼女が出来て一緒にいたとしても

おかしくないじゃないか、現にじぶんだってそうなのだから。

だけど、それを祝福してやる心境には全然なれない。

寂しいのか、悔しいのか何だかいろんな感情が一気にユノを

取り巻いて・・・でもただひとつ嫌だと思った。

チャンミンをとられるような気がして、そしてチャンミンが自分以上に

心を許す相手がいるなんてこと絶対嫌だと思ったのだ。

「ユノヒョン?」

手がとまったままのユノをいぶかしむ様にチャンミンが見上げてきた。

その眼を見たとき、ユノは自分がリジに何を求めていたか

すとんと理解した。そうだ、リジは似ていたのだ、出会った頃の

チャンミンに。まだ、幼さが残る彼に俺は

プロ意識を持たせるために、時には一番厳しいことを

言ったし、私生活にも干渉した。

それなのにヒョン、ヒョンと慕ってくれて後を付いて来た。

怒ったり、笑ったり、よく泣いたり

表情豊かだったチャンミン。

俺は昔のチャンミンをリジに見ていたのか、

気がつくと いつも彼の視線を感じていた、あの頃。

かわいいマンネを大事に想っていたあの頃―

ポッカリあいた穴を本当はチャンミンに

埋めて欲しかったのだ。

 

 

 

続く

続きを読む

未来は誰にもわからない  (2)

  1. 2012/03/28(水) 15:40:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


まさか、と思った。

ユノヒョンに彼女が出来たらしいと

事務所に行くと、後輩の女の子が

興奮して話しているのが、聞こえてきた。

何も知らないんだね、そんなことありえないよ。

だってヒョンは僕から片時も離れず付きっきりで、

仕事で家を空けるときは、ベットに入るまで

何度も何度もメールしてきた。

時には煩わしくなるくらいに。

無視すれば無視するほど僕をほっとけなくなるヒョン。

僕の一挙手一投足に顔色を変える程に。

最初はなんだか不思議だった。

僕自身も何も考えられなくらい、心は麻痺していたし

食欲もなく、病んでいたのは確かだった。

時間はかかったけど自分を取り戻し始めると

周りの環境が大きく変わっていることに気付いた。

ユノヒョン―。

むかしは、プライベートにまで煩くて

あんなに厳しかったのに。

少しずつ、ミノやキュヒョンと外出するようになると、

どんなに遅く帰っても 文句も言わず、

ずっと起きて待っててくれた。

それが物珍しくて、同時に何だか嬉しくて

わざと遅く帰って待っていてくれるか

何度、確かめただろう。

自分でもよくわからない。

でもヒョンの関心が自分だけにむいてることが

心地よく気持ちが高揚した。

僕だけがヒョンを独り占めできるなんて。

だから、ヒョンが余所見する暇なんてありえなかった。

 

そう、何も疑わず、あの日までは信じていた。

ギュラインで遊ぶことも多くなったある日、

深夜に帰宅すると、家は真っ暗だった。

ヒョンは 久しぶりに遅くまで撮影があったから、

疲れて待てずに寝てしまったのかと

ちょっとがっかりしながら

音をたてないようにドアを開けて 部屋をのぞきこむ。

真っ暗闇に眼が慣れてきて、ベットをみたが、

ユノヒョンの姿はなかった―

えっ!? しばらく頭の中が真っ白になり、次には激しい動悸が

チャンミンを襲った。

気持ち悪い・・・口を抑えたまらず、トイレに駆け込んで

吐き続けた。

頭の中ではさっきからユノヒョンがいないことが

リフレインのように繰り返し繰り返し響いている。

 

その日、結局ユノは、帰って来なかった。

連絡を待ったが、握りしめた携帯がなることは無かった。

チャンミンは一睡も出来ず、それでも仕事に行く前には

何か食べなければと口に入れたが、

すぐ、またもどしてしまった。

 

何で、ユノヒョンが帰らなかったことが

体に異常をきたすほどショックなのか?

チャンミン自身が初めて感じる表わしようのない焦燥感。

 

仕事場につくと先に来ていたユノと

何事もなかったかのように挨拶を交わす。

何か言いたそうにしていたが

チャンミンはそ知らぬふりをして、レッスンを黙々と始めた。

でも心の中は激しく乱れて―

本当だったのだろうか、事務所で聞いた話は。

そんなのは嫌だ!! 絶対 認めない!!

何も食べてない身体は激しいレッスンに

当然、悲鳴を上げ始め、

ターンをした瞬間、ぐるっと天井が回って・・・

チャンミンは床に倒れこんだ。

意識が遠のいていく。

『チャンミナ!チャンミナ!』

気付くと抱きかかえられ、目の前には

顔色を変え、必死に僕を覗き込む、黒い瞳。

そうだ、そうだよ、ヒョン。

ヒョンはそうやって僕を呼び続けて

僕だけを見てよ。

その時、チャンミンは自らの気持ちを悟る。

ユノを愛している―。

ユノに抱きしめられ、そのぬくもりを肌で感じながら

考えていた。

これは僕だけが味わえるもの、

だからヒョンを誰にも渡さないと。

続きを読む

未来は誰にもわからない  (1)

  1. 2012/03/28(水) 14:01:00|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


「ユノ」

リビングから自分の部屋に戻ろうと立ち上がった俺を

チャンミンがテレビを見つめたまま

呼び止める。

そして 俺を振り返ることなく差し出された手。

ずるいよ、チャンミナ、

俺はこの手をとるしかないんだろう?

続きを読む

来月のドームまで

  1. 2012/03/23(金) 04:13:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2


最終アリーナ公演が終了。

二人も翌日韓国へ。

我が家に帰ってほっとしてるかと思えば、香港へ。

日本では雑誌攻めにあってますが、

大手三つの女性誌の表紙を飾ったふたり。

似通った話ですが、気になったのは

ユノ兄の愛されたい発言の多いこと54

どうしたユノ兄6J

愛してくれる半身がいなくてそんなに寂しかった?

自他ともに認めるさびしがり屋さんは

傍らの存在が自分の中で

いかに大きいものか、改めて思い知った?

でも それはチャンミンも同じ想いだったはず4Z

続きを読む

チャンミンのチャンポン

  1. 2012/03/07(水) 00:05:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2


Mステでチャンミンが話してたチャンポン5H

 

 


 

ハードディスクを整理してたら

出てきました~

これ6E

 


 

チャンミンのチャンポン69メウンチャンポン9A

(なんだか語呂あわせみたいです84)

ムール貝、キャベツ、ニンジン,ねぎなど。

牛乳、ジュース持ち込んでいいそうです。

というより、牛乳は絶対飲まなきゃ駄目なんだそうです。

そして、スープは飲まないほうがいいそうですよ~9R

(by 店主さん)

 

ユノ兄と同じこと言ってる人がいます7O

 


 

店主さん。何気にこわいこといってます。

壁に貼ってあるのがユノ兄が

たどたどしく訳してた注意書きですね84

 


 

勇気のある方、チャンミンと同じもの食べてみたい方は

韓国に行かれた際にトライしてみては~81

 


続きを読む

2012/03/01 08:59

  1. 2012/03/01(木) 08:59:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


例の単行本の表紙のふたり。

この頃から恋人つなぎしてたんですね

 

 


続きを読む


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。