月の舟

東方の二人の神様~雷神・風神様をあれこれ想う~東方神起応援ちゅう

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来は誰にもわからない  

  1. 2012/04/06(金) 02:19:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


結局部屋を追い出されたユノは

激しく動揺していた。

よくなってきていると安心しすぎたか・・・

キュヒョン達と外出もしてたしつい、油断してた–

明らかにもとの症状に戻ってる

吐いて、吐いて吐くものがなくなるまで吐き続けて、

食べなくなって、そして。

ぞくっとした―今度あれを繰り返したら多分、

チャンミンはもたない。

肉体、そして精神も取り返しのつかないことになる。

いつからだ?

俺がいないとき、いつも一人で苦しんでた?

チャンミンがギュラインで出かけてる間、

ユノも時間の許す限りリジと会っていた。

今日もそう、そしてたまたま俺の体調が良くなくて

早く帰って来ただけで

もし、そのまま遅く帰っていたらチャンミンの不調を見逃していただろう。

俺がリジとほっとする時間を過ごしている時、

チャンミンはひとりっきりで苦しんでいたのか。

そう思うと自分に腹がたってしょうがない。

いってらっしゃいと笑顔で見送り、

僕もミノたちと出かけるからって

それを信じて疑わなかった。

チャンミンをひとりにしないって誓ったあの日―

しばらくリジには会えないと話しておこう。

 

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
スポンサーサイト

<<桜吹雪 | BLOG TOP | さらんへ~親友>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。